突然変わってしまった

今まで好きだった事、人物が、

ある事がきっかけに、あるいは特に急に興味が無くなり今まで好きで集めていた物が全く価値が無くなり、

今までなんでこれが好きだったんだろう…こんなものにお金かけてていたんだろうと思う事が過去にもあったが今もそのような感覚を少しずつ感じている。

焦る

バスターミナルで余っていたお茶を飲み干して新しいジュースを買おうとしたら売店は閉まっておりその時に近くにすれ違った人も同じく売店に行きたかったみたいで時間があったらしく階段を上りどこかに買いに行ったようだ。

場所は割と都会なので店はあるが時間は夜10時になっており閉店時間で見渡す限り店はやっておらず、パッと目に入った弁当屋でお茶だけでも買うのは今考えれば問題ない気がするが少し恥ずかしいと思ったのでしばらく歩いたらコンビニを無事に見つけた、、やったー!と思ったが店内に入り飲料売り場で何が飲みたいか自分の中で迷いができてしまいしばらくしてやっとキレートレモンの炭酸を買った。

その後これは間に合うだろうと少し早足でバスに乗り込んて残り時間は出発まで後約45秒だった。

よくわからない

封を開けて何日かして湿気を帯びてしまったクッキーを食べた後にカントリーマアムを食べた。

最初に食べたクッキーは焼き直すかどうしようかと考えたがカントリーマアムと硬さを比較すれば、

もともとこのくらいふにゃふにゃでぬれせんべいの硬さだと思えてきたのでおいしく食べられた。

休みが一日

今週は休みが一日のみなので見たい録画したものを見てゆっくりしてたら寝てしまった。

目覚めて急いで何かしなければと思い14時くらいになってカップ肉うどんと凍らしてあったかすたどんを食べて少し部屋の片付けをしてこれは別に急がなくてもいいのではと思えてきて、

これ観光地で少ししか時間が無いので急いでいろんな場所を移動して行って満足したようなしないようなことを思い出してしまった。

加齢

‪会社の懇親会は毎年肉食べ放題。

 

みんなが若い頃は大量に食べていたその代わり大量に注文して肉を余らしてもったいなかったけど、

みんな年をとるにつれて食べ始める時から食べる量調整しているので肉が余らなくなってきている‬ので良いことだ。

新幹線で飲むもの

新幹線で移動する時に買う飲み物はいつも駅の売店でメジャーでジュースの中では無難そうに飲み物を買っていた。けど車内で飲んだらなんか気分がイマイチでいつも飲まない物を買うことにしました。

 

行きは家の近くで買ったチェリオのガラナのような黄色の液体の飲み物を買って新幹線乗り込んだらなかなかチェリオ飲みながら新幹線で移動する人いないなあと考えたら少し楽しくなった。

 

帰りは新幹線の駅の自販機でPOPとかいう緑色が凄いメロンソーダを帰りに寝たり起きたりしながら飲んだのがすごくおいしく感じて良い移動時間になりました。

 

どちらも今まで飲んでたジュースより安くてしかも楽しくていいです。

箱入りアイス

昨日東京に行ってホテルをチェックインしようと書き物をしていたら2人組の女の子が入ってコンビニであずきバー箱入りを買ってきてフロントの方に預けてほしいと行ってほほえましい場面でした。

 

自分もしますがホテルの部屋に冷凍庫がないのを知らず買ってきてしまって部屋に入ってすぐにアイス食べたい気分になるのってなかなか無い事ですし、毎日アイス食べたい人もいるので冷凍庫がホテルにあったらいいなあと思いました。